読書好きの集う処(蒼月#)
by konomi1113
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
読んだら書くぞ!
ちょっと一息。。。
マンガもありだね!
以前の記事
2011年 09月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
遊びに行くよ~!
最新のトラックバック
shinedown ta..
from shinedown tab ..
taylor funer..
from taylor funeral..
Ajian Life
from アジアン&エスニック
激安の通販で8点セットで..
from 羽布団が激安
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
お姉系ブランドカタログ
from お姉系ブランドカタログ
laverne jack..
from laverne jackso..
south shore ..
from south shore ar..
canone inver..
from canone inverso..
plus size ex..
from plus size exot..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「死人花」あに様同心御用帳 コスミック文庫
松乃藍著「死人花」
f0015139_8115100.jpg
<あらすじ>
おりんは呑んだくれの亭主を叩き出して以来、独り身を続ける二十三歳。このところ按配の悪い父親に代わって、一郎太とともに千住の植木屋「植銀」を支えている。一郎太はおりんの姉婿の南町同心・当麻克之進の手先も務める住み込みだ。定廻りの克之進は凡庸ではあるが、おりんたちの前でも侍風を吹かせることはない心の広さを持った男。おりんはそんな克之進をあに様と慕い、一郎太もおりんに劣らず心酔しているのだ。続けざまに起こる非情な殺人、愛憎ゆえの哀しい科、武士であるがゆえに護らねばならない矜恃…。人々の織りなす心のあやを解き明かし、克之進とおりんたちが辿り着く、事件の真相とは。

おりん・一郎太・克之進の誰が主役なのかはっきりしないまま流れていくので、その点では絞り辛く読みにくいとも言える。だが6編の話のほとんどが、毒草による殺しという着眼点はとてもわかり易く、植木屋商売のおりんたちに関わるにも不自然ではなく、なかなか面白い。一郎太の十分な活躍があるのだから、おりんは無理に登場させなくてもいいのではと私は思うが。読み始めた時には、「何だかなぁ」と思っていたが、読み終えたときには結構満足していた
[PR]
by konomi1113 | 2006-05-14 08:23 | 読んだら書くぞ!
<< 無言殺剣「火縄の寺」 中公文庫 「殺しの四人」仕掛け人・藤枝梅... >>