読書好きの集う処(蒼月#)
by konomi1113
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
読んだら書くぞ!
ちょっと一息。。。
マンガもありだね!
以前の記事
2011年 09月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
遊びに行くよ~!
最新のトラックバック
shinedown ta..
from shinedown tab ..
taylor funer..
from taylor funeral..
Ajian Life
from アジアン&エスニック
激安の通販で8点セットで..
from 羽布団が激安
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
お姉系ブランドカタログ
from お姉系ブランドカタログ
laverne jack..
from laverne jackso..
south shore ..
from south shore ar..
canone inver..
from canone inverso..
plus size ex..
from plus size exot..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
「ブレイクスルー・トライアル」  宝島社文庫
伊園旬著「ブレイクスルー・トライアル」
f0015139_20211537.jpg
<あらすじ>
技術の粋をつくしたIT研究所に侵入し、ミッションをクリアすれば1億円が手に入る一大イベントが開催されることになった。元IT企業の社員チームや、ひょんなことから紛れ込んだダイヤモンド強盗犯グループなどが参加を表明。生体認証や警備ロボットをはじめ、数多のセキュリティが設置された難攻不落の要塞を攻略するのはどのチームなのか。第5回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。

時間がかかった。読むのがとても辛かった。盛り上がったのは私の中では忍び込んだ時だけで、それ以前は退屈で仕方がなかった。題材がとても面白そうだったんだけどなぁ。。。
[PR]
by konomi1113 | 2009-11-30 20:07 | 読んだら書くぞ!
「パーフェクトプラン」  宝島社文庫
柳原慧著「パーフェクトプラン」
f0015139_21415747.jpg
<あらすじ>
第2回『このミス』大賞においてダントツで賞賛を受けた大賞受賞作がついに文庫化!代理母として生計を立てている良江は、かつて出産した息子を救うため、ある“犯罪”を企てる。そして始まる「身代金ゼロ!せしめる金は5億円!」という前代未聞の誘拐劇!幼児虐待、オンライントレード、ES細胞、美容整形…現代社会の危うさを暴きつつ、一気に読める面白さ。予想を裏切り続けるノンストップ・誘拐ミステリー、ここに登場。

これは文句なく面白かった。幼児虐待・代理母・クラッカー・オンライントレードなど現代社会を浮き彫りにしたようなテーマがてんこ盛りなのに、このテンポの良さはどうだろう。リズムが素晴らしい。飽きさせない。事件を操ったり動かしているのは男たちなのに、実は老人・妊婦・幼児がところどころで素晴らしいキーパーソンとなる。大団円ではないのに、読後感も悪くない。むしろ爽やかな感じ。大当たりの一冊だった。
[PR]
by konomi1113 | 2009-11-23 00:37 | 読んだら書くぞ!
「四日間の奇蹟」  宝島社文庫
浅倉卓弥著「四日間の奇蹟」
f0015139_0275597.jpg
<あらすじ>
第1回『このミステリーがすごい!』大賞・大賞金賞受賞作として、「描写力抜群、正統派の魅力」「新人離れしたうまさが光る!」「張り巡らされた伏線がラストで感動へと結実する」「ここ十年の新人賞ベスト1」と絶賛された感涙のベストセラーを待望の文庫化。脳に障害を負った少女とピアニストの道を閉ざされた青年が山奥の診療所で遭遇する不思議な出来事を、最高の筆致で描く癒しと再生のファンタジー。

随分書評がよかったし、「このミス」の審査員たちも大絶賛というから読んでみたが、核心部分に入るまでの長いこと。正直途中で止めたかった。現代の脳医学や音楽・ピアノに関することなど、性質上簡単になぞって済むことではないが、それにしても250ページ過ぎまで何もない。これは辛いのひと言。本当に進めるのに苦労した。後半はミステリーというかファンタジー色が出てなかなか盛り上がり、「ああこの辺りが絶賛された所以かな」とも思ったが、私は待たされた時間が長すぎた分それほど感動的ではなかった。
[PR]
by konomi1113 | 2009-11-21 00:09 | 読んだら書くぞ!
「水の時計」  角川文庫
初野晴著「水の時計」
f0015139_23494980.jpg
<あらすじ>
医学的に脳死と診断されながら、月明かりの夜に限り、特殊な装置を使って言葉を話すことのできる少女・葉月。生きることも死ぬこともできない、残酷すぎる運命に囚われた彼女が望んだのは、自らの臓器を、移植を必要としている人々に分け与えることだった―。透明感あふれる筆致で生と死の狭間を描いた、ファンタジックな寓話ミステリ。第二十二回横溝正史ミステリ大賞受賞作。

すぐにでも感想を書こうと思ってたのに、遅くなっちゃった。
これすごく面白かった。何というか不思議な感じ。脳死とか臓器移植という超現実的な問題を軸にしながらも、月明かりの中でだけ機械を通して話が出来るという現実離れした、ある種のファンタジーみたいなお話。臓器を運ぶ役を担った男の生い立ちを交えながら移植者を選び、確実に届けるまでのストーリーを何本か組み合わせてひとつの壮大な話にまとめている。本当に上手く出来ていて感心した。素晴らしい一冊だった。
[PR]
by konomi1113 | 2009-11-19 00:05 | 読んだら書くぞ!
「獣の奏者」王獣編   講談社文庫
上橋菜穂子著 「獣の奏者」王獣編
f0015139_2314292.jpg
<あらすじ>
カザルム学舎で獣ノ医術を学び始めたエリンは、傷ついた王獣の子リランに出会う。決して人に馴れない、また馴らしてはいけない聖なる獣・王獣と心を通わせあう術を見いだしてしまったエリンは、やがて王国の命運を左右する戦いに巻き込まれていく―。新たなる時代を刻む、日本ファンタジー界の金字塔。

「守り人」シリーズに負けず劣らず、ものすごく面白かった。独特の世界観を作り出して、その中で人々が生き生きと動いているのがとても自然な感じ。面白すぎて本を離せずあっという間に読んでしまったが、あっという間に駆け抜けた感が否めなかった。しかし続編をの声が多く、3巻・4巻と出したらしい。まだ文庫化はされていないが楽しみで仕方がない。
私の中では茅田砂胡に次いで2番目に大好きな・面白い作家さんとなった。
[PR]
by konomi1113 | 2009-11-13 23:13 | 読んだら書くぞ!
「獣の奏者」闘蛇編   講談社文庫
上橋菜穂子著「獣の奏者」闘蛇編 
f0015139_2311153.jpg
<あらすじ>
リョザ神王国。闘蛇村に暮らす少女エリンの幸せな日々は、闘蛇を死なせた罪に問われた母との別れを境に一転する。母の不思議な指笛によって死地を逃れ、蜂飼いのジョウンに救われて九死に一生を得たエリンは、母と同じ獣ノ医術師を目指すが―。苦難に立ち向かう少女の物語が、いまここに幕を開ける。
[PR]
by konomi1113 | 2009-11-12 23:09 | 読んだら書くぞ!
「ソウルケイジ」  光文社文庫
誉田哲也著「ソウルケイジ」
f0015139_013694.jpg
<あらすじ>
多摩川土手に放置された車両から、血塗れの左手首が発見された!近くの工務店のガレージが血の海になっており、手首は工務店の主人のものと判明。死体なき殺人事件として捜査が開始された。遺体はどこに?なぜ手首だけが残されていたのか?姫川玲子ら捜査一課の刑事たちが捜査を進める中、驚くべき事実が次々と浮かび上がる―。シリーズ第二弾。

「ストロベリーナイト」も衝撃的だったが、これもかなり面白い。以前の相関関係をすっかり忘れていたが、そんな事些細なことだと思えるほどのめり込んで読んだ。ところどころ入るコメディ部分も、話をただ暗く重たいだけのものにせず、やはりコミックとかアニメ世代なんだなぁと感心。「父性」をテーマにしている話は見事に最後までテーマに沿ったもので、組み立ても追い込みも素晴らしくあらためて作者の力量を感じた。
以前この人は女性では?と思ったりもしたが、解説を読む限り立派な男性でした<(_ _)>。
[PR]
by konomi1113 | 2009-11-11 00:02 | 読んだら書くぞ!
「蔵法師」素浪人稼業(四)  祥伝社文庫
藤井邦夫著「蔵法師」
f0015139_2336336.jpg
<あらすじ>
萬稼業で食いつなぐ素浪人・矢吹平八郎は、幼い娘に用心棒として雇われる。娘の父は蔵番で、盗賊に襲われ怪我をしていた。やがて盗賊が再び来襲するも、平八郎は撃退し、父親も回復したので職を辞す。しかしその夜、またも襲われ、父娘は無残にも殺されてしまう。なぜその蔵ばかりが狙われ、殺されねばならぬのか。復讐に燃える平八郎が神道無念流の剣を振るう。
[PR]
by konomi1113 | 2009-11-09 23:37 | 読んだら書くぞ!
「捕違い」知らぬが半兵衛手控帖(九) 双葉文庫
藤井邦夫著「捕違い」
f0015139_23312176.jpg
<あらすじ>
本所竪川沿いの空き家から火の手が上がり、夜空を赤く染めた。北町同心村岡小平太と岡っ引の彦八は、付近で酔い潰れていた男を付け火の咎で捕縛するが、捕違いを懸念する吟味与力大久保忠左衛門は、臨時廻り同心の白縫半兵衛にさらなる探索を命じる。次第に明らかになっていく付け火の真相とは…。“知らぬ顔の半兵衛”の粋な人情裁きを描く好評シリーズ第九弾。
[PR]
by konomi1113 | 2009-11-08 23:29 | 読んだら書くぞ!
「母恋い」手習重兵衛(七)  中公文庫
鈴木英治著「母恋い」
f0015139_22474551.jpg
<あらすじ>
江戸は白金村に戻り、手習所を再開した興津重兵衛。家主の娘おそのを妻に迎えるはずだったのが、重兵衛を仇と思いこんだ正体不明の女と同居する羽目に…。一方、村では半月ほど前から住み着いた謎の女が、男たちの好奇の的になっていた。

ほとんど前の話を忘れていて、何が何だか判らなかった。。。_| ̄|○ ガクーリ。
[PR]
by konomi1113 | 2009-11-06 22:46 | 読んだら書くぞ!