読書好きの集う処(蒼月#)
by konomi1113
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
読んだら書くぞ!
ちょっと一息。。。
マンガもありだね!
以前の記事
2011年 09月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
遊びに行くよ~!
最新のトラックバック
shinedown ta..
from shinedown tab ..
taylor funer..
from taylor funeral..
Ajian Life
from アジアン&エスニック
激安の通販で8点セットで..
from 羽布団が激安
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
お姉系ブランドカタログ
from お姉系ブランドカタログ
laverne jack..
from laverne jackso..
south shore ..
from south shore ar..
canone inver..
from canone inverso..
plus size ex..
from plus size exot..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
「町方燃ゆ」父子十手捕物日記(十二) 徳間文庫
鈴木英治著「町方燃ゆ」
f0015139_22565551.jpg
<あらすじ>
葬儀をだしていた男が殺された。死んだはずの商家の隠居は葬儀の最中に刺し殺され、本当にあの世に送られてしまったのだ。文之介と勇七が調べたところによると、いたずら好きの隠居は、自分の葬儀を眺めて、どんな人が来てくれるのか、確かめたかったのだという。さっそく、探索をはじめたふたりだが、今度は定町廻りの先輩同心が殺されて…。

やっと新しい展開になってきたようだが、これはかなりハードな展開。今風に言うなら無差別テロのようだ。また長くなるのかな?藤蔵が可愛がってるお供の人とか、新しい登場人物も出てきたので新鮮だった。面白くなりそうな気がする。
[PR]
by konomi1113 | 2008-10-22 22:48 | 読んだら書くぞ!
「そして、警官は奔る」 講談社文庫
日明恩著「そして、警官は奔る」
f0015139_0171343.jpg
<あらすじ>
警視庁蒲田署に異動となった武本は、不法滞在外国人を母に持つ幼女監禁事件を追った。一方、かつての上司、潮崎は、武本の力になりたい一心で、独自に事件の調査を始める。そして、浮き彫りになる子供の人身売買や虐待の現実。法律では裁ききれない闇に、二人はどのような光を当てるのか?シリーズ第二作。

どこからどう感想を言ったらいいのか・・・。巻末の解説に言いたい事が全て詰まってるからそれを読んでもらいたい。という訳にもいかないので、拙いながらもなぞらせてもらうが、キャラクターとエピソードとテーマがしっかりたっぷり閉じ込めてある。今回は「法と正義」または「情と理」。ここまで色んな問題をあらゆる角度から詰め込み、且つテーマに沿って真摯に取り組むそれぞれの警官たちの苦悩を描ききった作品には滅多にお目にかかれないだろう。人間ドラマとか感動とか言葉にすると薄っぺらいが、人間らしい人間であるが故の哀しさや優しさや厳しさに満ちている。登場人物みんなにエールを送らずにはいられない。
[PR]
by konomi1113 | 2008-10-15 22:54 | 読んだら書くぞ!
「それでも、警官は微笑う」 講談社文庫
日明恩著「それでも、警官は微笑う」
f0015139_0281616.jpg
<あらすじ>
無口で無骨な巡査部長・武本と、話し出すと止まらない、年下の上司・潮崎警部補。二人は、特殊な密造拳銃の出所の捜査にあたる。たどり着いたのは5年前のある事件だった。覚醒剤乱用防止推進員の拳銃自殺。その背後に潜む巨悪とは?軽快な筆致で描かれた、新世代の警察小説。第25回メフィスト賞受賞作。

これは絶対に面白いだろう、と前から目を付けていたが、先日中古で手に入ったので喜び勇んで読んだ。560ページ余という厚さからも想像できたが、読み応え抜群の力作だった。従来の警察小説に勝るとも劣らない地道な捜査を略さず描写し、かつ現代的な問題点やテンポを上手く織り交ぜて大作とも言える出来上がりになっている。

最初は王道のような刑事と事件に、コミックから出てきたような潮崎の存在が妙にアンバランスで、意図をどう理解していいのかわからなかったが、その潮崎の存在こそがこの小説の鍵となり救いとなるのだと判る頃には、もうどっぷりとハマっていた。

本当に満足した。もう一度彼らに会いたいと、続編を新刊で購入してしまった(^^;。
[PR]
by konomi1113 | 2008-10-10 00:17 | 読んだら書くぞ!
「探偵ガリレオ」 文春文庫
東野圭吾著「探偵ガリレオ」
f0015139_21384096.jpg
<あらすじ>
突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。

数年前手に取ったときに、何故か「短編集」だと思い込んで購入しなかったが、ドラマ化され連作だとやっと判った。しかもこんなに際立ったキャラの主人公だったなんて。ドラマが面白かったので(福山がハマリ役だった)ようやく読むことに。エピソードはすべてドラマでやったのと同じなので、それぞれのキャラを当てはめれば読みやすく、頭の中で彼らが演じてくれた。物理学的な解説はまったく理解できないが、とても面白かった。これ先に読んでたらどうだったかなぁ。
[PR]
by konomi1113 | 2008-10-07 00:05 | 読んだら書くぞ!
「石榴の蝿」居眠り磐音江戸双紙(二十七) 双葉社
佐伯泰英著「石榴の蝿」
f0015139_21595831.jpg
<あらすじ>
蟋蟀の鳴き声が初秋を告げる頃、出羽山形を発った佐々木磐音と吉原会所の若い衆は、日光道中の帰路を急いでいた。江戸を目前にした千住掃部宿で、磐音はお家騒動の諍いにより窮地に陥った若侍を助けるのだが…。春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、著者渾身の書き下ろし痛快長編時代小説第二十七弾。

今回は最初こそモタモタしたものの、後半は面白かった。家基の江戸見物に向けての準備に各自が奔走する様や、その合い間に武芸者と対峙する様子などが、忙しくも活劇っぽくて気に入っている。
[PR]
by konomi1113 | 2008-10-02 22:04 | 読んだら書くぞ!
「紅花ノ邨」居眠り磐音江戸双紙(二十六) 双葉社
佐伯泰英著「紅花ノ邨」
f0015139_21144013.jpg
<あらすじ>
百日紅が咲き誇り、江戸が晩夏に移ろう頃、佐々木磐音は吉原会所の若い衆とともに奥州道中を北へと向かっていた。奈緒の嫁いだ紅花大尽前田屋に奇禍が降りかかる騒ぎが起き、山形藩も関わっているというのだが…。春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、著者渾身の書き下ろし痛快長編時代小説第二十六弾。

これもまた時間がかかってしまった。何故だろう?旅モノが苦手なのか、時代物に飽きてきたのか。。。何もいまさら奈緒を持ち出すこともないと思うのだが、それもまたひとつのけじめなのだろうか。
[PR]
by konomi1113 | 2008-10-01 21:11 | 読んだら書くぞ!