読書好きの集う処(蒼月#)
by konomi1113
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
読んだら書くぞ!
ちょっと一息。。。
マンガもありだね!
以前の記事
2011年 09月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
遊びに行くよ~!
最新のトラックバック
shinedown ta..
from shinedown tab ..
taylor funer..
from taylor funeral..
Ajian Life
from アジアン&エスニック
激安の通販で8点セットで..
from 羽布団が激安
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
お姉系ブランドカタログ
from お姉系ブランドカタログ
laverne jack..
from laverne jackso..
south shore ..
from south shore ar..
canone inver..
from canone inverso..
plus size ex..
from plus size exot..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
「にせ契り」素浪人稼業(二) 詳伝社文庫
藤井邦夫著「にせ契り」
f0015139_1155763.jpg
<あらすじ>
矢吹平八郎は神田明神下、地蔵長屋に住む何でも屋の素浪人。その平八郎においしい仕事が舞い込む。おふみという酒問屋の一人娘と恋仲の男のふりをすれば、一日一分の給金をくれるというのだ。ところが、おふみの父親が殺しの疑いで捕えられる。平八郎は背後に酒問屋の金を狙う連中がいることを知る。人助けと萬稼業の平八郎、神道無念流の剣を振るう!

どうしても、どんなに頑張っても「若旦那」シリーズが読めなかった。全然進まなくて一週間位で数十ページだったので、諦めてこっちに来た。なんだかもうあれはゆるすぎるのかなぁ。それに比べてこちらはスルスルと読めてしまってびっくり。もう1巻の筋も覚えてないのに、「この人ってどういう人だっけ?」と思い出す暇もなく読了。なんだかなー。私にとっては藤井氏の方が読みやすいってことなのかな。
[PR]
by konomi1113 | 2007-12-27 22:14 | 読んだら書くぞ!
「なびく髪」父子十手捕物控(十) 徳間文庫
鈴木英治著「なびく髪」
f0015139_19431142.jpg
<あらすじ>
勇七と弥生の祝言で、いささかふつか酔いだが、さすがに見廻りは欠かさぬ文之介。狭まる探索の輪から巧みに逃げおおせた凶賊の嘉三郎を捕らえようと、足を棒にしている最中、天ぷら屋が食あたりで死人をだした事件に加わることになって…。書下し長篇時代活劇。

なんだかな~。いつまでこの嘉三郎ネタでいくの?大体、元はどんな因縁だったかなんてもう忘れてしまった。憶えているのはせいぜい前巻くらいで、いつ頃から出てきたかさえ憶えてない。そもそも私は、父親がやたらとでしゃばってくるのもあまり好きではない。悪い人ではないんだけど、出張り過ぎかな。息子と同い年の嫁さんというのもちょっと引く。いい加減方向転換してくれないと、読むのがイヤになってしまう。
[PR]
by konomi1113 | 2007-12-16 19:39 | 読んだら書くぞ!
「鬼は徒花」問答無用(三) 徳間文庫
稲葉稔著「鬼は徒花」
f0015139_0202561.jpg
<あらすじ>
極悪非道な盗賊の頭“黒緒の金松”を葬るよう密命を受けた佐久間音次郎は居所を探るため、再び牢屋敷に戻ることになった。牢内で掴んだ手がかりをもとに奔走する。そんな音次郎にある知らせが届いた。ついに妻子殺しの真相が明らかになる。

今回は面白かった。稲葉氏の本来の持ち味というものが出ていて、じっくりと真相に向かって詰めていくというお話だった。片っ端から切って捨てるというのは短絡的すぎるような感じを受けるから、今回のようにちょっと複雑な事件をコツコツ解いていってくれるのがいいなぁ。妻子の仇も討てたし、憂いはあの子供だけだが…。定町回りの同心とはニアミスで終わったが、今後関わってくるのだろうか。
[PR]
by konomi1113 | 2007-12-09 20:09 | 読んだら書くぞ!
「赤富士の空」口入屋用心棒(九) 双葉文庫
鈴木英治著「赤富士の空」
f0015139_2255271.jpg
<あらすじ>
南町奉行所の定廻り同心樺山富士太郎が目を覚ますと、見知らぬ男の死骸が傍らに転がっていた。血まみれの匕首を握っていた富士太郎は、駆けつけた役人に捕縛されてしまう。湯瀬直之進と富士太郎の中間・珠吉は、ことの真相を探ろうと動きだすが、その矢先、米田屋光右衛門の娘おあきの息子・祥吉が勾引かされてしまう。好評シリーズ第九弾。

初っ端から富士太郎が事件に巻き込まれていて、ぐいぐい引っ張られた感じ。面白くてあっという間に読んでしまった。相変わらず影の大物は出てこないが、ひとつづつ片付けていってるかなという印象。それぞれがしっかり動いていて、それぞれがちょっとづつ成果を挙げていってる。これが上手くいい方向に流れていってくれればいいなぁ。
[PR]
by konomi1113 | 2007-12-06 22:06 | 読んだら書くぞ!
「魔笛」鎧月之介殺法帖(二) 双葉文庫
和久田正明著「魔笛」
f0015139_2346179.jpg
<あらすじ>
島送りになっていた竜蔵は、赦免花が咲いて十数年ぶりに江戸の地を踏んだが、その胸にはある思いを秘めていた。それを為すために再び盗人稼業に足を踏み入れた彼の前に現れたのは、女岡っ引きになっていた島送りになるときに別れた娘だった…。癒されぬ過去を背負う鎧月之介の修羅の剣が静寂を斬り裂く!好評シリーズ第二弾。

なんだかきれいさっぱり忘れていて、少しづつぼや~っと思い出した。一巻は確か壮絶な始まりだったんだ。しかし今回は江戸に根付いたようで、特別な目新しさはない。和久田氏は今回出てきたおきゃんな感じの娘が好きだが、私は必要ないんじゃないかと思う。猫千代という特異なキャラがいるからこの辺を上手く使っていけば独特の事件モノになると思ったのだが…。
[PR]
by konomi1113 | 2007-12-04 23:51 | 読んだら書くぞ!